教育ローン、学資ローンの 審査で落ちる

国公立の大学であっても、入学金や学費を合わせると初年度だけでも約100万円以上もの出費を覚悟することになります。ほとんどは大学に入学してから必要となりますが、学資ローンを組まないと一般的に厳しい負担となります。

保護者としてもただ頭を痛めている場合ではなく、子供のためにも覚悟を決めて準備をしなくてはなりません。学資ローンというものは金利も低く助かるプランですが、審査も時間がかかるし厳しいものです。

審査で落ちるということも考えられます。学資ローンの審査で一度落ちてしまうと、再審査ではかなり難しくなってしまいます。子供に夢があっても、叶わぬ夢となっては、かわいそうですね。保護者としての力のなさも感じてしまうはずです。

金融機関によって定める審査条件が違いますから、審査で落ちるということのないように、自分にあった学資ローンを探さなければいけません。審査はさまざまな条件で行われますが、一番問題になっていると思われるのは支払能力の面ではないでしょうか。

職種はよほど危険が伴うものであるとか想定できないものではなく普通の仕事内容であれば、正社員かどうかという雇用形態を審査されます。その他の年収の部分などでは、現在高額の住宅ローンなどの残高がある以上、かなり重要視されるものと考えられます。

とにかく、学資ローンは審査が厳しく、審査で落ちるということも念頭に入れて準備するべきだと実感しています。(太田)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

.